2007年02月13日

最高の体を求めて

最強の技術を身につけて
世界最強をめざす?

最高の技術を身につけて
地球と一体になる?

それぞれの
目指す場所は
色々あるかとおもいますが

知ること
身につけること

その瞬間は光り輝く

・・・

なんだか
重い話になってしまいましたが

武術書は
戦う技術だけではなく
健康にも役に立ったりするとおもうのです

そんなこんなで
今まで読みあさった
それ系の本を
少しずつですが
まとめていくことにしました。

クリックして進むと詳しい内容?感想が見れます

甦る古伝武術の術理―井桁崩し--その誕生と展開
合気ニュース発行の甲野善紀さんの術理本・第1弾

武術で知る心身不離の世界―井桁崩しから四方輪へ、そして……
合気ニュース発行の甲野善紀さんの術理本・第2弾

武術で拓く身体の思想―釣り合いということ……
合気ニュース発行の甲野善紀さんの術理本・第3弾

新・井桁術理―武術で拓く身体の思想 2
合気ニュース発行の甲野善紀さんの術理本・第4弾

武術の視点―古人の身体操法をいまに
合気ニュース発行の甲野善紀さんの術理本・第5弾
posted by もじく at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最高の体を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

武術の視点―古人の身体操法をいまに

合気ニュース発行の
甲野善紀さんの術理本・第5弾

いやいや
待ちくたびれました・・・

第4弾が出て2年

第1弾からは6年

かなり忙しそうです

本の出るのは
いくらでも待つので

くれぐれも
お体に気をつけていただきたいものです

内容は
手手裏剣の話から始まって
もののけ姫の映画に
かなりショックをうけている様子です

オイラ
もののけ姫を見た感想は
ナウシカの方がよかったでした
なんだかんだと
緑や他の事に関心が無くなった
現代人なのかもしれません

そして
究極かもしれない

「受けずかわさず」




そして


これ以降

合気ニュース発行の術理本の続きは
オイラの記憶では出てません

でも
この頃
合気ニュースからビデオが数本出てます

また
この頃
インターネットでHPも始まりました
(携帯でも見れます)

今日見てみたら
2007年2月6日付けの日記が書かれてました



lg@
posted by もじく at 22:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最高の体を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・井桁術理―武術で拓く身体の思想 2

合気ニュース発行の
甲野善紀さんの術理本・第4弾

人間の運命はきまっているのか?

そんな感じで始まって

ついに?
時間軸や
体の割れ方面へ

それも
音楽を聴いて
体が割れだしたって言うから

まさに甲野ワールド

こうなってくると
神経が鋭くなって
精神的に相当
大変だと思う

しかし

甲野さんには交友関係の広さが

まわりには、すごい力量の
精神科医や整体の方々や
いろんな分野の方々が

やっぱり頑張っている方には
人を惹きつける力があるのだと思った



こんな表紙です

p?gvz Q



posted by もじく at 22:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最高の体を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武術で拓く身体の思想―釣り合いということ……

合気ニュース発行の
甲野善紀さんの術理本・第3弾



この人らしい!!!

なにかって
だいたいこのシリーズ
1年に1冊出てて
この作品が第3弾なんだけど

出るたびに
新しい前の術理は
もう古い感じになってて
新しい術理の話

見ているオイラは
おぉ!って興味しんしんですが

習っている人たちは
えっ!こないだと
まったく違うことやるんですか!って
かなり大変だと思うw

でも
このイツカナイってか
滞らない感じが
甲野さんの持ち味だと
オイラは思う

そして今回も
いろんな古武術関係の
歴史の話や

相変わらずの
他分野の方の話

テレビでやってる
グータン
・・・今はグータンヌーボって題名かな?
それの最初のころに出ていた
精神科医の名越康文さんや

歌手のカルメン・マキさんや

溝口鉄工所の社長さんの話まで

他の武術書では
ぜったいに見えれない
甲野ワールド
今回も全開です



今回もアマゾンさん写真無かったので
見にくいですが携帯でとってみました
こんな感じの本です

?cc

posted by もじく at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最高の体を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武術で知る心身不離の世界―井桁崩しから四方輪へ、そして……

合気ニュース発行の
甲野善紀さんの術理本・第2弾

この方の特徴は
いろんな面で、とらわれない事だと思う。

ほとんどの人が
弟子になって
その団体やら技を受け継いでみたいな
武術系の人々の中

どこにも属さず
自分自身で
いろいろ考えて作り出して
新しいタイプの人

そんでもって
今回は

夢想願立の伝書「願立剣術物語」という
そりゃ〜もう古すぎて
その言葉すら
知らない人ばかりってぐらい古い伝書の解読 

そして
今度は四方輪の術理

相変わらず
正中線で有名な肥田さんやら
いろんな昔の武術家の話がのってて
楽しい仕上がりです



これまた
写真無かったので

lA?cc
posted by もじく at 04:07| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 最高の体を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甦る古伝武術の術理―井桁崩し--その誕生と展開

合気ニュース発行の
甲野善紀さんの術理本・第1弾

だいぶ前
巨人の桑田投手が復活して話題になったが
その時、桑田投手に体の使い方を教えたのが甲野さん

その時の根本になった井桁崩しの理論
まわさない
タメを作らない

昔から
武術関係だと
円とか回すとか重宝されている中

逆行するかのような提唱でした


それ以来
いろんなテレビ番組やら
雑誌に出ているのをよく見かけるようになったが

この本は
そんな話の、ずいぶん前に発行された本です

この方の凄いところは
いろんな分野の人と交流が激しいこと

この本の中でも

空手の宇城さんや
古武術の黒田さんや
整体の野口さんや
麻雀の桜井さんの話が出てきます

上の3人は
武術方面に詳しい方なら
かなり有名な人ですが

桜井さんも実は
テレビに出ている有名プロレスラーや
プライドの選手や
伝説の400戦無敗
ヒクソンの息子が亡くなったとき
ブラジルまで会いに行ったりするなど
今や、けっこうそっち方面でも有名な方です



アマゾンでも
古すぎて?!画像が無かったので
見にくいですが
うちの本をとってみました

甦る古伝武術の術理―井桁崩し--その誕生と展開
posted by もじく at 03:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最高の体を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。